©2019 by Keita Chida official site . Proudly created with Wix.com

 

Profile 

秋田県出身。12歳の折にハイドシェックの演奏に感銘を受け、ピアノを本格的に始める。

2002年カワイ音楽コンクールピアノ部門ソロの部全国大会最高位受賞。

2006年秋田県立秋田高等学校卒業、桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻入学。

ミハエル・ヴァスクレセンスキ氏のマスタークラスに参加。2008年パスカル・ドヴァイヨン氏のマスタークラスに参加。

2007年多摩フレッシュ音楽コンサート審査員賞(特設)

2007年、2008年とヴァイオリンの崎谷直人(ミュンヘン国際音楽コンクール第三位、ウェールズカルテット第一バイオリン、現神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席コンサートマスター)とデュオリサイタルを開催し好評を博す。以来度々共演しており、2019年も秋田、仙台、東京の3都市でデュオリサイタルの予定。

 

2008年、東京に来日中の世界的ピアニスト、エリック・ハイドシェックに認められ単身渡仏、内弟子としてハイドシェック氏宅に滞在しながらピアノのみならず美術、彫刻、演劇、文学、映画、哲学、芸術、教養全般の薫陶を受ける。

2009年、急遽代役としてルーマニア国立管弦楽団と、ラヴェル「左手の為の協奏曲」、フランク「交響的変奏曲」を共演し、大成功を収める。また同年パリにて師ハイドシェックと同協奏曲を二台ピアノで共演、批評家に「コルトーの再来」と評される。

2010年、同楽団創立60周年記念及びショパン生誕200年記念ニューイヤーコンサートにソリストとして招かれ「ショパンピアノコンチェルト第二番」を共演する。同年、第三回アラン・マリナロ国際ピアノコンクール第三位及び聴衆賞。以後ハイドシェック氏の芸術に対する姿勢からコンクールへの参加を禁止される。南フランス各地でリサイタルに出演。

同年スコラカントルム音楽院にて行われたハイドシェックによるドビュッシー前奏曲マスターコース修了。翌年同音楽院にてフォーレ全ノクターンマスターコース修了。

2011年カワイコンサート東日本大震災復興支援リサイタル。

2013年、ライプツィヒにてユーロアーツ音楽祭に参加、コンサート出演。

2009年から2013年まで毎年ペルピニャン音楽祭に出演、リサイタルを行う。2013年のリサイタルの際には地元新聞批評欄に「色彩の魔術師。しかしそのあらゆる音色が全て音楽に捧げられている」と評される。

2013年より東洋哲学に関心を持ち、臨済宗東福寺派大本山東福寺子院にて仏教哲学を学ぶ。

2016年より復学しパリ、エコール・ノルマル音楽院高等演奏家課程、スコラカントルム音楽院にて特例でハイドシェック氏のもとで習学を続ける許可をもらい研鑽を積む。

2018年には桐朋学園大学同窓会東北支部、仙台桐朋会コンサートに招かれ、モーツァルトピアノ協奏曲第23番を演奏。またカワイ音楽教育研究会に講師として招かれ14箇所でレクチャーコンサートを行い、好評を博し、次回継続の依頼を受ける。2019年には同音研会主催ソロリサイタルが決定している。

また、2019年にはフランス、パリ、カタルーニャにて、2020年にはメキシコにてリサイタルとマスタークラスの開催が決定している。

これまでにフランス、ドイツ、イタリア、スイス、ルーマニア、日本の各都市でコンサートを行っている。

和声法、対位法、楽曲分析をミシェル・メルレ氏に師事。ピアノを平野節子、渡部知枝、大岩秀俊、干野宜大、木村徹、テオドル・パラシヴェスコの各氏に師事

日本演奏家連盟会員

日本ピアノ教育者連盟会員